性交痛

ヘッダー

性交痛を改善する方法を色々試してみましょう

不感症や性交痛に悩まされている方も近年多くなっています。

特に男性が不感症になることもありますし、女性だけが不感症になっているというカップルや夫婦もいます。

性行為によって、本来快感を得られるのが人間の身体なのですが、性交痛を感じたり、濡れなかったり、痛くて気持ち良くないということも多々あるのが、こういったセックス事情です。

実際、不感症に一度なってしまうと、しっかり性交痛を改善する意思がないと治らないものと言えます。

不感症は個人的な感度の問題もあるものの、感じなくなってしまうのには原因がありますし、ここでは何より間違ったやり方やセックスの方法となっている可能性もあります。

それぞれがパートナーを話し合い、その上で決めていくことが必要となるのではないでしょうか。

まず、不感症がどのようなものなのかについて説明します。

不感症とは、性行為や自慰行為などによって感じることができなくなってしまうことを意味します。

もちろん難しい言葉で説明すれば、もっと色々な原因がありますし、性交痛には症状もあります。

ただ、ここでそれを言っても理解できなければ意味がないので、わかりやすい言葉で説明します。

人間は子孫を残していくために、セックスをしなくてはなりませんよね。

しかし、セックス自体が性交痛を感じるものだったら、人間はなかなかセックスをしなくなります。

そうならないように、基本的に男性も女性もセックスによって快感を得られる身体になっているのです。

通常はそうなのですが、中には感じられなくなってしまう人がいます。

それが不感症と呼ばれている性交痛の症状の方なのです。

テクニック次第で性交痛は改善できる?

性交痛を感じ方は、男性も女性も色々な状況が考えられます。

例えば、一人で自慰行為した時に男性であれば外部を、女性であれば内部を傷つけてしまっていることがあります。

それも、性交痛の原因となりますよね。

その他、自慰行為をし過ぎると、他人とのセックスでは感じられなくなってしまうことがあります。

それも不感症の症状の一つだと言えますね。

不感症になる原因は、他にもストレスや疲労などがあります。

疲れている時やストレスが溜まっている時、そもそもセックスをする気分になれないということも多いですよね。

そういう心情なども考慮して、しっかり対策していくことが必要となります。

また、その他の病気になっている方は、性交痛で当然性欲も薄くなりますし、「濡れない」「痛い」という結果になってしまうこともあります。

風邪の時は当然セックスをしようとは思わないですし、体調不良の時も難しいですよね。

基本的に体調が良ければ、性行為で得られる感度も高くなります。

まず基本的なこととしては、健康でいることが重要だと言えます。

健康的な身体が無いと、当然セックスによって得られる感度も性交痛で低くなってしまうのが当然です。

それらを色々と考えてみて、最終的にセックスをどのようにしていくかについて、パートナーと考えてみると良いでしょう。

パートナーとの性生活の相性もあるので、合わない人だと感じることが性交痛で無くなることもあります。

濡れない、痛い性交痛はパートナーにもストレス?

不感症の改善方法としては、それらの原因を取り除くことが重要です。

男性も女性も不感症になってしまう大きな要因としては、性交痛でストレスや疲労などが大きいです。

現代人は特にストレスを抱えていますし、疲労が蓄積されている方も多いと言えます。

そうなると、当然「セックスしても満足できない」ということになってしまうワケです。

本来は快感を得られるものなのに、性交痛で自分が感じられない状況を作ってしまっているということだと言えますね。

しっかり感じたいという方は、ストレスと疲労の解消を行いましょう。

毎日同じような生活をしている方は、どこかにストレスと疲労を解消させられる予定を入れておくと良いです。

ストレスに関しては、自分の好きなことに没頭したり、スポーツをしたり、趣味を楽しんだりすることによって性交痛も軽減できます。

最近の女性も男性も「趣味が特にない」という方がいますし、「運動が苦手」という方も多いです。

しかし、だからと言って何もしていないと、不感症が治ることはありません。

性交痛に関しても、不健康な生活が原因となっていることもあります。

ストレスは精神的なことで、目に見えることではないので、特に軽視してしまう方も多いです。

一度自分の声を聞いてみて、「心も体も疲れているな」と判断した場合は、思い切って休みを取るなど、自分の生活をコントロールしていくことが必要となりますよ。

そういう上手な生き方が性生活にも繋がってくるのです。

不感症や性交痛になってしまう原因は自慰のし過ぎ?

また、性交痛は先ほども説明したように自慰行為をし過ぎると不感症になってしまうことが多くなります。

当然、自分が一番気持ち良くなれるポイントを知っているワケですから、自慰行為の方が気持ち良いということも多いです。

ただ、オナニーなどに慣れてしまうとパートナーとのセックスで感じることができなくなってしまいます。

当然、欲望が満たされないので、また自分で快楽を得るようになりますよね。

そうなると、さらに性行為で感じられなくなるし、何よりより刺激を求めて激しい自慰行為をしてしまいがちとなります。

それが性交痛に繋がってしまうこともあるので、十分注意しておきたいところですよね。

女性の場合は、男性のテクニックによっても変わってきます。

濡れないのは前戯がしっかりしていないこともありますし、何より気分がそもそもそういうモードに入っていないことも多いですからね。

当然、そうなると女性が感じることはできなくなります。

痛いのは濡れていないことも理由となっていますし、単純に擦れて痛いということも多いです。

男性側のテクニックを色々と考えてみて、自分と合っているかどうかも考えてみるのはいかがでしょうか。

性行為というのは、男性のプレイ方法によって、大きく快感も変わってきます。

当然下手なパートナーだと、気持ち良くなることは難しくなりますよね。

その点、性交痛でもしっかりと相手に「もっとテクニックを磨いて」ということを伝えられる女性になることが必要です。

男性も性交痛の理解をし改善方法を探しましょう

男性の中には、実は「激しくすれば気持ち良い」と考えている方も多いです。

これはAVなどのメディアの影響が強くなっていて、映像の様にすれば女性が快楽を得ると考える男性も少なくありません。

そういう間違ったセックスによって、性交痛になることもあります。

AVなどはあくまで映像作品として行っているものなので、あの映像通りにやったとしても、相手が気持ち良くなってくれるとは限りません。

どのようにプレイするかという点は、じっくり考えてセックスを楽しむことが必要となるワケです。

もちろん、そこにはパートナーとの会話が重要となりますし、自分のセックスを客観的に見ることが必要となりますね。

女性も男性も感じ方は人それぞれなので、具体的に何が良いというのかは、個人によっても変わってきます。

ただ、ストレスや疲労が溜まっていたり、間違った性行為をしていたり、自慰行為をし過ぎたりしていると、当然不感症にもなりますし、性交痛を感じることもあります。

色々と考えてみて、パートナーとの性行為をどのように楽しんでいくか、一度検討してみると良いです。

一番良いのは、相手と「どこが一番気持ち良いのか」を考えながらプレイすることです。

そうすれば、より効率的かつお互いに満足できるセックスが実現できますよ。

色々とセックスに関しては好みによっても変わってくるので、性交痛からじっくりパートナーと理想の性生活を考えて行きましょう。